ラミラーゼの成分は?

MENU

あなたはどんなクレンジングや洗顔料をお使いですか?
そして、それによって肌のくすみなどは出ていませんか?
クレンジングで肌のくすみが予防できることご存知でしょうか?

 

ラミナーゼのクレンジングは何がいいの?

 

ラミラーゼは、雑誌にも多く取り上げられ人気を集めているクレンジングバームです。
この、バームという効きなれない言葉ですが、これはクリームともまた違います。
クリームのテクスチャーは軽いですが、バームは少し硬く感じます。

 

しかし、肌へ乗せることで体温によって形状は変化します。
硬いテクスチャーから、ジェル状の柔らかいテクスチャーに変化するのです!
それによって伸びがよくなります。

 

そしてこのラミナーゼのモイストクレンジングバームの最大の特徴が・・・
W洗顔が必要ない、むしろやってはいけないという点です。
普通ですと、クレンジングのあとには洗顔を行いますよね?

 

ラミラーゼには洗顔の働きもあり、なおかつ美容成分も配合されています。
ですから、W洗顔をしてしまっては、
その美容成分が流れてしまい本来の力を発揮することが出来ないのです。

 

この特徴によって、毎日の洗顔の時間は一気に短縮され、
なおかつくすみなどにも効果があるので、
お手軽で効果も期待できると話題になっているのです。

 

ラミナーゼの配合成分は?

 

ラミナーゼの人気の秘密は、W洗顔要らず、
そして美容成分も含んでいる点でした。

 

では、どうしてこのようなことが可能なのか。
本来であれば、クレンジングにはクレンジング効果、
洗顔には汚れを落とす洗浄効果がありますよね。

 

それが1本で実現できるのには、配合成分が関係していたのです!

 

続いては、ラミナーゼの配合成分についてご紹介します。
まずは洗浄力について、どんな成分が働いているのかを調べてみました!

 

このクレンジングには、ラメラテクノロジーが使われています。

 

これは、お顔につく汚れとして水性のものと油性の2種類の汚れがあることに注目し、
どちらの汚れにも対応できるよう、水と油が層になるように構造されているのです。

 

そしてエイジングケア効果があるのは、多数の美容成分のおかげです。
ハリを生成する成分、フラーレン。
厳選した9種類もの植物エキス。

 

そして、防腐剤やアルコール、
着色料は一切使われておらず、肌にとても優しいのです。

 

これらの働きによって、クレンジング後のW洗顔はなしで、

 

洗浄効果も美容効果も得られるという仕組みなのです♪

 

ラミナーゼの成分で副作用は出ないの?

 

でも、肌に優しいといっても敏感肌の場合本当に大丈夫なのか心配になりますよね。
敏感肌の方は、いつでも肌につくものに関しては、かなり気を配っていると思います。

 

ですから肌に優しいと言われたくらいじゃ、実際使うにはいたらないんです。

 

全ての配合成分をチェックし、自分にアレルギーのあるものがないか徹底して調べないと、
不用意な使用は肌荒れの原因になってしまいます。

 

最後に、配合成分について、敏感肌の人に副作用、
アレルギーの出るようなものがないか、徹底的に成分を洗い出してみました!

 

◇配合成分一覧
・フラーレン
・アルニカ花エキス
・オドリコソウ花エキス
・オランダカラシエキス
・ゴボウ根エキス
・ニンニクエキス
・セイヨウキズタエキス
・セイヨウアカマツ球根エキス
・ローズマリーエキス
・ローマカミツレ花エキス

 

どうでしょうか?
あなたがアレルギーの持っているような植物はありますか?

 

このような植物アレルギー以外にも、添加物などで副作用が出ることも考えられますよね。

 

しかし!

 

これ以外の成分、防腐剤やアルコール、着色料は使っていないので、
上記のものでアレルギーがなければ安心して使うことができますよ♪

 

心配な方は、腕などでパッチテストを行ってからお顔に使用するようにしてくださいね。

 

ラミナーゼは、植物由来の成分で構成されています。
敏感肌でも安心して使えることも人気の理由です。
W洗顔要らずのお手軽クレンジング、とっても気になりますね♪