クレンジングの正しいやり方

MENU

あなたはクレンジングの大切さに気付いていますか?
あなたのくすみや黒ずみは、クレンジングの間違ったやり方のせいかもしれません!

 

黒ずみやくすみにクレンジングが大切な理由

 

あなたは黒ずみやくすみに悩んだことはありませんか?
どうして出来てしまったんだろう。

 

洗顔はしっかりしているし、スキンケアもばっちりのはず・・・
年齢のせいかなぁ・・・

 

いいえ!もしかしたらクレンジングのせいかもしれません!

 

もしかしたらクレンジングがあなたに合っていないのかも?

 

もしかしたらクレンジングのやり方が間違っているのかも?

 

もしかしたら、そのせいで汚れが全然落ちていないのかも!

 

 

そしたら黒ずみやくすみが出来てしまうのも納得ですよね。
汚れが毎日毎日溜まっていっているのですから。

 

洗顔もバッチリ、保湿などのスキンケアもバッチリ、食生活も睡眠もしっかりできている。
それでも治らない黒ずみやくすみがあるなら、一度クレンジングを見青してみましょう!

 

黒ずみやくすみは、見た目年齢を老けさせる原因となります。
肌が綺麗とはとても言えません。

 

健康的な綺麗な肌になるためには、まず黒ずみやくすみをなくすことが大切です!

 

正しいクレンジングのやり方とは?

 

まずは正しいクレンジングのやり方についてご紹介します。

 

普段のクレンジングをあなたはどうやっていますか?
普段の方法と比べて、正しく行えてるのか、
間違っていたのか確認しながら見ていきましょう!

 

@手を清潔に洗う

 

A目元や口元などのメイクの濃い部分から落とす
 (部分的に落としておくことで、後のメイク落としに影響を与えません)

 

Bクレンジング剤を適量の半分ほど手に取る

 

Cまずは皮脂の多いTゾーンから撫でるように落としていきます。

 

D続いて残り半量を手に取り、馴染ませます。

 

EUゾーンのメイクを落としていきます。

 

F最後にUゾーンから目元や口元までクレンジング剤を延ばして更に落としていきます。
 (先ほどアイメイクと口紅を部分落とししているので、ここでは軽く落とす程度でOK)

 

Gぬるま湯で洗う。手についたクレンジング剤を乳化させ顔全体も順に乳化させていきます。
 (熱いお湯は乾燥を招くのでNG。)

 

H洗顔料を使って洗う
 (しっかり泡立てて優しくお洗います)

 

 

これがクレンジングの正しいやり方です。

 

いかがでしたか?
ご自分のやり方と一致していましたか?

 

間違っていたという方は、今日から正しいやり方を実践してみましょう♪

 

正しいクレンジングのポイント

 

最後に、正しいクレンジングのやり方のポイントについてご紹介します。

 

先ほどのクレンジングのやり方に少し補足があります。
「乳化」についてです。

 

乳化とは、最初ま無色透明のクレンジング剤に
水を馴染ませることで白い色に変化させることを言います。
これを行う理由としては、クレンジングの成分は油ですよね?

 

ですから本来は水とは混ざらないのです。
そんなクレンジング剤をそのまま水で洗い流そうとするとどうでしょうか?

 

もちろん落ち切りません。はじきます。
そこで少量の水を混ぜて乳化させることで、オイルがサラサラとし、
水でも流しやすくなり、肌に残らないようにすることが出来るのです。

 

ぬるぬるしたままの状態で洗い流そうとすると、かなり時間がかかりますよね?

 

しかも、オイルと水ですから絶対に洗い残しが出来ます。
それなのに、必死に時間をかけて洗い流そうとしているのです。

 

これは、時間がかかって肌への負担になる上に、乾燥の原因になります。
乳化させることによって、時間も短縮でき、洗い残しもなくなるので

 

クレンジングの際には必ず「乳化」という手順を忘れないようにしてくださいね。

 

正しいクレンジング方法のポイントは、「乳化」という方法にありましたね。
これをやるかやらないかで、肌質にまで影響を与えます。

 

この方法はメイクアップアーティストなども使っている方法です。
是非試してみてくださいね。