クレンジングの注意点

MENU

あなたはクレンジングに対してどのくらい気を配っているでしょうか?
洗顔や化粧水と同じくらい、慎重になっていますか?
今回は、クレンジングについての注意点をご紹介します。

 

クレンジングを選ぶ時の注意点とは?

ラミナーゼ

 

まずは、クレンジング剤を選ぶ際の注意点についてご紹介していきます。
あなたはクレンジング剤を選ぶとき、どんなことを気にして選んでいますか?

 

メイクの落ちる力?
それとも成分ですか?

 

気にするべき、クレンジング選択の際の注意点をあげていきます。

 

2種類のクレンジング

アイメイクとベースメイクは、メイクの濃さが違います。
ですから、同じ洗浄力のものでは、強すぎる弱すぎるという問題が出てきます。

 

アイメイク用と、ベースメイク用で使い分けましょう。
これを揃えておけば、メイクの濃い日、薄い日でも使い分けることが出来あ

 

肌との摩擦が少ないのはクリームタイプ

オイルタイプは洗浄力が強いですが、肌との摩擦が起こりやすいです。
クリームタイプはメイクが落ちにくい点はありますが、
アイメイクなど薄いメイクの方には肌との摩擦が少なくておすすめです。

 

自分のメイクのタイプで決める

自分のメイクの濃さを考えて、洗浄力とダメージのバランスが取れたものを選ぶ。
薄いメイクを落とすのに、わざわざ洗浄力が強く
肌への負担が大きいものを使う必要はありません。

 

クレンジングのやり方の注意点とは?

ラミナーゼ

 

では、正しいクレンジング選ぶが出来たとして、
続いての見直しポイントは、「クレンジングのやり方」です。

 

クレンジングは正しく行わないと、クレンジング剤が肌に残ったりして、
かえって肌を傷める原因になってしまいます。
正しいやり方と注意する点を知り、今日から生かしていきましょう!

 

まずは手を清潔に洗います。
(手にはたくさんの細菌が付いているので、それが顔に付かないようにするためです)

 

続いて、目元や口元などのメイクの濃い部分から落としていきます。
(洗浄力の強い方のクレンジング剤を使います。)

 

まずは皮脂の多いTゾーンから順に、落としていきます。

 

そして、Uゾーンのメイクを落としていきます。
ここでは、洗浄力の弱い方のクレンジング剤でOKです。

 

(T・Uゾーンは、アイメイクと違ってファンデーションのみの場合が多いので、
洗浄力の強さはそこまで必要ありません。)

 

メイクが落とし終わったら、ぬるま湯で洗います。

 

ここでポイントは、手についたクレンジング剤を乳化させることです。
この乳化よって、オイルと水が混ざり、顔についたクレンジングも洗い流しやすくなります。

 

大きなポイントは、()書きでご紹介しました。
注意点を意識して行うだけで、クレンジングの効果は全く違ったものになります。
今日から実践してみてくださいね。

 

クレンジングを怠るとどうなるか・・・?

ラミナーゼ

 

でも、実際この注意点を知らなかった、又は実践しなかったとして何がいけないの?
どうなるの?というところについてご紹介します。

 

これを知れば、絶対しっかりやろう!
クレンジングって手を抜いたらダメなんだ!という意識になるはずです。

 

クレンジングを適当に行うと・・・

クレンジングでアイメイクの落とし損ねなどがあると、その部分は黒ずんでしまいます。
色素沈着してしまうわけです。

 

クレンジングをゴシゴシ行う

洗浄力の足りないもので、ゴシゴシ無理に落とそうとすると
肌に摩擦が起こり、そこはくすみが起きやすくなります。

 

しかし洗浄力が強すぎるものは、
肌へのダメージが大きく乾燥や炎症の原因にもなります。

 

クレンジング剤が残ると・・・

乳化させずに水でオイルを流そうとすると、結局落とし切ることが出来ず、
肌にはオイルばかりか汚れも残る状態になります。
毛穴に汚れが詰まったりして、黒ずみの原因になり兼ねません!

 

 

クレンジングは、クレンジング後の洗顔でどうにかなると思っているあなた!

 

違うんですよ!
クレンジング剤で肌への負担は変わってくるんです!

 

クレンジング剤と、クレンジング方法の注意点をよく知り意識的に改善させていきましょう!